読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルマ

ビルマ脱出大作戦

Yeに到着する。勝手に国境が近いのでは無いかなどと思って来てみたが、本当になんも無い田舎町。 うろうろ歩いていると音楽が聞こえてきた。気になったので民家に入っていくとおばあちゃんがいっぱい。 言葉は通じないが、身振り手振りで音楽が聴きたい事を…

世界の車窓だから2

この日の2等席は木製ベンチではなく何となくクッション性のある座席であった。しかも3人分位のスペースがある。 唯一の問題は目の前がトイレだということ… トイレのドア 奥に見える横長の席が私の席 左手はトイレ ひたすら揺れる電車を耐える。今日は特に揺…

世界の車窓だから

鉄橋を見てから次の駅で下車しマンダレー行きの列車に乗り換えた。運良く直ぐに来たためそれに乗り込む。1日に一本か二本しか運行していないのでラッキー。 再び橋を見る。 同じ道を戻るので特に面白くも無いのだが、同じく約7時間ほどの道のり。 マンダレー…

日本軍が一回爆撃した橋

シーポー行きの電車は2等席。 皆さんスヤスヤと駅で寝ていらっしゃる。 指定の席にやって来ると、自分の席以外は埋まっている。足元も含めて… 巨大なバスケットが私の席の目の前にドカンとはまっている。脚が伸ばせないじゃ無いか!! すると側にいたお坊さ…

麺しか食べてないよ

インレー湖はボートで巡るのが一般的。中々広く、大体色々見て回ると6時間くらい。 モーターボートで、街を歩いていると多くの人々が 「ボートに乗らんかね?」 と声をかけてくる。 値段を交渉して最終的に18000kyat。追加料金のかかる奥の方の村へ行くのも…

バガン しりとりならお終い

Baganに3泊したのも実は訳があった。 正直2日目で何となくざっと回ったもんだから、これ以上いる必要も無いかなと思っていたのだが、何だか体に異変が… 腹が痛い… 別にピーヒョロロなわけでは無いのだが、一定の間隔で刺すような痛みがやってくる。 何にもす…

世界三大仏教遺跡 Bagan

結局Baganには3泊した。 とにかく至る所にパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダパゴダ… pyayから夜行列車に乗ること約10時間。今回の電車はそこそこ揺れまして、多分2,3時間しか寝れなかった…

あなたが出会った時は

物乞いをしてきた子どもにポテトチップスを買った。 なんて不健康なものを買ったんだということはちょっと置いておく。 Pyayのナイトマーケットに行ったのだが、食べ物を探していると小さな男の子が突然手を差し出してきた。小さく首を振ってそのまま過ぎ去…

Yangon Press

ヤンゴン市内を歩いていたら、何やら日本語の看板を発見した。日本料理屋だった。 日本料理屋には特に興味は無いのだが、そこにはとても興味深いものが。 「Yangon Press」 5月号である。ご自由にお持ちくださいと、ラックに幾つか入っていた。 この後8時間…

ビルマ唯一の世界遺産Pyayへ!

ビルマには世界遺産は一つしかない、しかもそれはあまり有名ではない(と思われる)。何故ならそれらはビルマに行った旅行者の話題にあまりのぼらないからだ。 有名な観光どころで言うと、ヤンゴン、バガン、マンダレー、インレー湖あたりが行くべきところの…

ヤンゴンの若者

ヤンゴンの若者は何となく日本のマイルドヤンキーを彷彿させるセンスをしている。日本のマイルドヤンキーと大きく異なるのはこっちは男子もロンジーを履いている点、ビルマではエグザイルは流行っていない(たぶん)点である。 多くの若者はピアスをしたり、…

ヤンゴンまで来てちょっと思った事

ヤンゴンにやって来たが、ムスリムの姿がやたら目につく、調べてみるとミャンマーのムスリム人口は約4%との事だが、ヤンゴンではかなりの存在感を放っている。モスクもこれでもかというほどに数多く存在している。 とにかく他民族なのが印象的。そもそも言葉…

日本車ども

タイからビルマにやって来て、よく目につくのが日本車。 と言っても当然東南アジアのどの国でも走っている車の多分80%以上は日本車だろう。 しかしビルマで特に目に付くのが、かつて日本で使われ、活躍の場を海外に移している中古車達の姿だ。 南米も特にボ…