読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国

ハノイまで

南寧からハノイまではバスが出ている。中国はもっと色々みたいが、いかんせん広いもんだから今回はしょうがない。三週間でタイまでというのは最短で行けば結構すんなり着きそうだが、時間をかけようと思えば一生かけても時間が足りない。 とりあえず、国際バ…

桂林ー南寧

桂林ー南寧 2日前に桂林駅でチケットを購入、といっても出発は桂林北駅である。 中国の駅はなんだか厳重警備で、いちいち手荷物検査がある(かなり適当にやってる感があったが、私は何故だか止められて再検査をさせられた)。 チケットを購入する時や駅構内…

中国あるある的なもの

ホテルで色んな人と話したりする。 当然お客さんは殆ど中国の方々なので、全てはチャイナスタンダードで進行していく。というのもこの国では一般的にスタンダードなものが使えない。 青年がギターを弾いていたので、ちょっと一緒に弾かせてーと、話しかけて…

なんとなく街を歩いていて目についたもの。

この数日で気がついたもの、目についたもの。 公衆トイレが意外に多い。 これってかなり大事よね、インフラとして。南米の幾つかの国は時々トイレあるけど、お金払ってください的なものであったりしたので無料の公衆トイレは素晴らしい。ただ紙があるかどう…

観光地に来ると

桂林の観光と言うと、船に乗って川下り、鍾乳洞見学、そんな感じだろう。 逆に言うとそれをしないのであれば、桂林に観光目的で来た意味はほぼ無いのだと思う。 しかし、本当にそれをする必要があるのかと言うとかなり疑わしい(桂林だけでなく、多くの観光…

ビャンビャンメン

ビャンビャンメンである。 ちょっと前に何故だかネットで話題になったビャンという漢字一文字で57画あるやつである。 こいつに街で出会ったので食べた。 チェックインを済ませ取り敢えず最大の目的である鍾乳洞、蘆笛岩へ行った。 入場料120元。高い。 超観…

深圳ー桂林 結構大変なのね

夜行バスは中こんな感じ。外履は脱いで入る。 完全に寝てくださいモード。 6時半発と言っても出発したのは7時ごろ。乗客一人。 ここから乗客を拾っていくのだが、結局大した人数ではなかった。 バスの外を見たのは最初だけで、途中からは寝るモード。しかし…