読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾウさんパンツ

東南アジアといったらやっぱりゾウさんでしょ。

私はゾウ使いになりたいという淡い夢を、実は抱いていたのでゾウに乗るのはやってみたい事の一つであった。ラオスではゾウ使いのライセンス(しかも国家資格)が取れるらしい、たったの3日で。まぁ取ったところでネタにしかならないわけだが、実はゾウ使いという職業はなんだかブラックなにおいのするお仕事なようで、基本的に観光業に使用されるゾウさん達は調教される過程で虐待的な扱いを受けるとの事。
そう言うことになると、ゾウが好きでゾウに乗りに来ると言うのは何とも間抜けな話ではないか…

さて、そんなゾウさんだが、東南アジアから帰ってくる人が必ずと言っていい程にはいている物があると思うのです。そう、ゾウさんパンツ。

ゾウさん柄がプリントされたペラペラのズボン。これをはいていれば、
「あ、アジアのどっかに行ってきたんだな…」
と察してもらえる優れもの。

本当に様々な図柄があり、必ずしもゾウさんとも限らないのであるが、一体どこで売っているゾウさんパンツが一番安いのだろうか?

ゾウさんパンツも本当に様々な種類があり、裾が絞って有るか無しかで絶妙に値段が違ったりした(絞って有る方が高かった)。

今のところ通過した、ベトナムラオスの価格を比較しようと思う。

シンプルゾウさん
黒、赤、青、緑…
と一番シンプル目なツートンカラーのゾウさんパンツ。
ベトナムハノイでは80,000ドンで売っていたのが、一番安かった様に思う。ショートパンツになるとそれが50,000ドンになるの。
基本的にベトナムではお買い物するつもりは無かったので、あまり積極的にゾウさんパンツを値切るなどしなかったので、真相はイマイチ分からない。

さて、ラオスで何人かの日本人に遭遇し、先にタイでのゾウさんパンツの価格調査を行った。彼らが言うところには、かなり安くて80バーツぐらいからあるかな〜との事。ヴィエンチャンであったセーコさんは100バーツの緑のシンプルゾウさんをはいていた。
100バーツは大体日本円で¥300。
80,000ドンは大体日本円で¥400。
なるほど、やはりタイの方が若干安いのだろうか。
ベトナムで買わなくてよかった、と胸をなで下ろす。
そこからラオスのゾウさんパンツの価格調査がスタートした。

ルアンパバーンにも、ナイトマーケットがある。地球の歩き方(宿に転がっていた)にも書いてある観光客向けのよくあるやつなのだが、ここは何だかとても静かだ。

ラオスには全体的にゴミゴミした感じ
や、人々の雑踏が殆どない。
その為買い物もまったり出来るし、何か身の危険を常に感じ構えたりしている必要もない殆ど無かった。

多分マーケットにある、殆ど全てのゾウさんパンツ屋さんに値段を聞いたと思う。一軒として値段を出しているところなど無いので、毎回聞くしか無い。
概ねスタートの価格は40,000〜45,000kipだ。
大体これは¥5~600だから、ちょっと高い。
値段を聞き立ち去ろうとすると電卓をよこしていくらなら買う?と聞いてくる。ヴィエンチャンのナイトマーケットも一通り歩いたのだが、確かそこで20,000だか30,000という文字を見た気がした為、毎回取り敢えず半値以下の20,000kipと打って返した。
そっから値切り交渉が始まるのだが、結論として言えるのは、足首で絞られていないシンプルゾウさんパンツタイプの底値が25,000kip。足首絞り有りで、よりカラフルだったりギラギラした布の感じのゾウさんパンツが30,000であった。
それが今回の結果だった。
30,000kipは約¥400。
25,000kipは約¥333。

まぁ、こんなもんですかね。

結局ゾウさんパンツに加え、ゾウさんシャツも買ってしまった。二つ合わせて63,000kip(約¥840)のお買い物。
翌日その上下を着てルアンパバーンが一望できるプーシーという丘へ登った。



なんか、上下合わせるといかにも過ぎてメチャクチャイタイ……
買った時は色々比べて選んだのだが、いざ手元に有ると、プリントの安っぽさが際立つ。後悔というよりも、これは一体何なのだろう?という疑問が残った。