読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バガン しりとりならお終い

ビルマ

Baganに3泊したのも実は訳があった。

正直2日目で何となくざっと回ったもんだから、これ以上いる必要も無いかなと思っていたのだが、何だか体に異変が…


腹が痛い…


別にピーヒョロロなわけでは無いのだが、一定の間隔で刺すような痛みがやってくる。
何にもする気が起きない、仕方ないので3日目はほとんどゴロゴロして過ごす。
4日目にはまぁ、マシになってきたので、移動する事に。

次の目的地はインレー湖。

ヤンゴンから同じくPyayを経てやって来たお馴染みの香港カップルと共にバスで行く事に。

PM7:00発のバスなので4日目は3人で買い物したり、カフェに行ったりまったり過ごす。

世界唯一のTanakha博物館。冷房が良く効いていたので長居。


マーケットでお買い物


バックは2000kyat!

ピックアップのバスが来て街の郊外のバスターミナルへと向かう。
到着予定時間はAM4:00との事。

さて翌朝。着いたのはAM3:00。バスの到着時刻程当てにならないものはない。
インレー湖に入るにもBaganと同様入域料金がかかるとの事。しかし…

インレー湖の周辺には幾つか街があり一般的にはNyaung shweという街にやってくる。やたら犬が多く、大変恐ろしいものの、凶暴では無いのが幸い。
星空の下ゲストハウスを探す。目星をつけていたので路頭に迷う事は無かったが、中々遠い。実は超遠回りをしていた事に後で気づく。

4時頃にゲストハウスに着くと誰もいない。しばらく呼ぶとおばちゃまが出てきた。
wifiなし、朝ごはんなし、それでもいいの?」という言葉が第一声。

999GuestHouse、一泊6000kyat。

ヤンゴンのShan Stikey Noodle(シャン州の麺は有名)のお店も999という名前だった。
999と言うのは何か特別な数字なのだろうか?
因みに969と言うのはビルマ西部の仏教過激派集団の標榜している数字である。